はじめての株購入でしっかり勉強しとこと

わたしは2005年ごろにある大学の聴講生として授業を受講していました。
その科目はビジネスです。そこで初めて株や投資信託についての知識をえました。
初めてのことばかりで授業は面白く、その身につけた知識で株を購入できたらと考えていたのです。

そこで大学に通うことと並行して証券会社でも口座を作りました。そして時々通って話を聞きながら株購入に関する知識をえていったのです。

その時に実感したのは、トレーディングツールを理解することが大切ということと、自分でいつも見ることの出来るツールを持つということでした。また、株の取引を行う証券会社や株の銘柄、その購入できる単位などを知ることが大切だと感じました。

結局私の場合は、自分の好きな会社の株を購入することにしました。
また株主になった時の優待がいいことも購入する条件の1つでした。株を購入して運用するまでは不安でしたが、やってみると面白いと感じました。

でもそれから3年後の2008年にリーマンショックがあり、わたしは50万円で購入した株の価値が32万円まで落ち込むことに。その後は株の購入を控えていますが、株を購入するということは世界情報や経済情報、
全てのことを理解して先を読んでいかなくてはいけないことなので、とても面白いなと感じています。